実は必要とされてなかったのかな…落ち込む。

当日、がっかりすることがあった(>_<)。 数ヶ月前に遠路恋愛インナーの家内が課題を立ち上げて、その時に、離れてても専業を手伝ってもらえないかって提案されていて。 でも、数ヶ月たっても自分は徹頭徹尾専業らしき専業を貰えなくて、単に2つの専業だけ。 しかもあっという間に終わっちゃう感じ…。 提案されたきりめったに手前へすすむようなメッセージももらえてなくて、「ユニットが落ち着くまで(私の専業のことは)待ってね」って言われたりもしていたんだけどそのあいだ家内は会社に箇所で取り入れしてる女と順調に仕事しているように思えて…。 不安なガッツがだんだんつのって、当日ふと大きくなってガッツが沈んだから、おそるおそる家内に聞いたら、 「とれる専業はふってる意図。欲にいつ応えられるかわからないからひと度なかったことにして。」 って、言われた。 なかったことにしてって、なんなんだろう…。 自分から提案してきてくれたのに。 提案されてたから、望みにしていた界隈だってある。 やっぱり可否つけられたみたいで、それぞれを事柄ナシって言われているみたいで。 悲しかった。 おそらくターゲットが家内とかじゃなくてもおんなじ気持ちになってたよ、自分(>_<) 提案してくれなきゃよかったのに。とかおもう。 家内と普通に会話したりしたくなくなって、ほんのり独りきりでいたいような気持ちになったし、 こんな話したからギクシャクだし。 うまくいかないな。 なんか、ターゲットの文句をどこまで信じたらいいんだろうみたいなガッツと、自分自身に実利が見出せなくなる。 ビール飲んで、忘れよう(>_<)。ミュゼ vio 値段

暑さは厳しくとも、暦の上では秋になりました

このところ、全国的に猛暑が続いています。8月6日(土)には、私が住んでいるところでも猛暑日となりました。その日にも仕事があって外出しましたが、猛暑によって心身がダメージを受けてしまいました。
昨日7日は「立秋」の日で、この日から暦の上では秋になりましたが、この日の猛暑日の地点数は6日のそれを上回り、今年最多となりました。兵庫県、鳥取県、新潟県の一部では最高気温が38度を超えました。
しかし、立秋というのは、これから気温が下がり始めるということで、暦では立秋の日こそが暑さの頂点になるのです。一方、立秋あたりから、日中は暑さが厳しくとも朝晩に涼しい風を感じるようになるらしく、昨日の夕方に散歩していたとき、何だか涼しい風を感じたような気もします。
立秋以降もしばらく厳しい暑さが続くであろうが、朝晩に涼しい風を感じたら、季節の進行を体で実感できて面白そうです。

秋に向かい始めましたが、まだ夏は終わらないので、夏の明るさをしっかりと味わい、色々と行動していきたいところです。ネットでお金を借りる

バラエティショーTVや韓国ドラマを見たりした

とある娯楽TVを見ました。明確マグロの体制をやっていました。牛刀を使っていました。牛刀とは、欧米で肉食べ物に使われていたため命名されたそうです。刃が長いものは塊肉を下回るのに最適そうです。そして、その牛刀でマグロを捌いていました。僕を1/4に切っていました。切りにくそうな辺りもありました。マグロを捌くには、スタミナも必要だそうです。下回るだけでも大変そうでした。次は、赤身を切り分けていました。そして、中トロと大トロに分けていました。のち、刺し身の切りヒトについてもやっていました。削ぎ体制とは、斜めに薄く下回る白身魚に多い切りヒトですそうです。平体制とは、包丁を縦にして分厚く下回るんだそうです。軟らかい魚に多い切りヒトですそうです。そして、腕試し検定にパスしていました。出来上がったら、何人かで食べていました。そして、韓国ドラマを見ました。画像で見ました。今日、見ている韓国ドラマの1つです。見れて良かったです。脱毛ラボ スピードコース

おばあさん、やるじゃん、見た目と違いますね。

地元にあるリサイクル店は個人経営で決して綺麗にはしていません。買い取ったら洗浄などせずそのまま展示している感じですし。オーナーは見たことがなく、奥さんらしき70代と見られる太ったおばあさんがいつも一人でいます。こんなだからお客さんもいつも3,4人しかいなくガラガラです。外国人が多い地域なので、ブラジル人ばかりしか見たことがないです。実は私は久しぶりに来て驚きました。まあ前からこのおばあさん店員でした。のたのた店内を歩いていたりしていましたね。それで今回驚いたのは、ブラジル人たちとペラペラとポルトガル語を話していることです。お客さんであるブラジル人とスラスラ会話しているのです。勿論、おばあさんは日本人です。見た目もまるっきし日本人です。まさかあのおばあさんがポルトガル語を。昔来たときは話してるのなんて見たことなかったから、きっと覚えたのでしょう。格好良かったです。人は見た目には分からないものですね。ただのオーナーの変わりにだらだらと店番してるだけかと思ったら。キレイモ 無料カウンセリング

貿易風やハドレー循環などについて勉強した

風などについて勉強しました。低緯度と高緯度の温度差を解消しようとする大気の運動を考えるとき、最も単純なものは極で下降し赤道で上昇する対流運動です。18世紀にイギリスのハドレーは低緯度に吹く貿易風をこのモテルで説明しました。しかし、実際には赤道で上昇して高緯度に向かう大気も、極で下降して低緯度に向かう大気も、ともに転向力によってその向きを曲げられてしまうため、単純な対流運動にはなりません。赤道で上昇した大気は高緯度へ向かいますが、転向力によって西風となり、緯度20°〜30°で下降して高圧帯(亜熱帯高圧帯)をつくります。亜熱帯高圧帯からは赤道に向かって貿易風が、高緯度に向かって偏西風が吹き出します。この対流運動をハドレー循環とよびます。南半球の中緯度は、高度約12km、気圧200hPaの層を浮遊する気球の軌跡です。中緯度のこの高さには約10日間で一周する強い西風が南北に波打ちながら吹いていることがわかります。とても勉強になりました。借金返済 無料相談