おばあさん、やるじゃん、見た目と違いますね。

地元にあるリサイクル店は個人経営で決して綺麗にはしていません。買い取ったら洗浄などせずそのまま展示している感じですし。オーナーは見たことがなく、奥さんらしき70代と見られる太ったおばあさんがいつも一人でいます。こんなだからお客さんもいつも3,4人しかいなくガラガラです。外国人が多い地域なので、ブラジル人ばかりしか見たことがないです。実は私は久しぶりに来て驚きました。まあ前からこのおばあさん店員でした。のたのた店内を歩いていたりしていましたね。それで今回驚いたのは、ブラジル人たちとペラペラとポルトガル語を話していることです。お客さんであるブラジル人とスラスラ会話しているのです。勿論、おばあさんは日本人です。見た目もまるっきし日本人です。まさかあのおばあさんがポルトガル語を。昔来たときは話してるのなんて見たことなかったから、きっと覚えたのでしょう。格好良かったです。人は見た目には分からないものですね。ただのオーナーの変わりにだらだらと店番してるだけかと思ったら。