がっぷり四つに組めぬ言い分。深まる混迷の相撲協会

最近、場所が開催されている際の夕方はチョッと楽しみです。稀勢の里が横綱に昇進したことで、相撲を見る楽しみが増えました。白鵬が引っ張る上京も良いのですが、そことやりあえる日本人力士がいるというのが、やはり嬉しいです。
ですが、今回ワイドショーやニュースで世間を賑やかせているのは少し残念な横綱の行動ですね。事実は暴行があったということしか、私たちはわかりません。当事者が口を閉ざし、事実がわからないからです。まぁ、事が事なだけに、警察から止められているのでしょうから仕方ないですが。ただただ、周囲の人間の話が飛び交うばかりです。
その中でやはり気になるのが、貴乃花親方の行動ではないでしょうか?時間の経過と共に、彼の公道や言動で職責においても、どうも反している事が露になってきました。現役の強さや、親方になり理事のあり方にたいして挑む姿勢は素晴らしいですが、あまりにも応援する方はハラハラさせられる事が多いです。
彼の思惑が自らの為だけに作用していないといいと思いますし、元となった騒動も手を出した事は深く反省をし、償うものを償い、また日本の相撲界を沸かせてほしいです。