思わず冨田勲とバンゲリスを比較してしまっていた自分

シンセサイザー奏者で有名だった音楽家・冨田勲氏は惜しくも昨年お亡くなりになりましたが、
彼の思い出を語っていたラジオのパーソナリティー氏の話に触発されて彼の楽曲が聞きたくなりYouTubeで探してみました。
するとアルバムが数枚見つかったので聞いてみたのですが、あの有名なNHK新日本紀行のタイトルを超えるようなものは正直なかったように思えました。
ですからがっかりしてその憂さ晴らしに続編が公開されるという噂を聞いた懐かしのバンゲリス制作のブレードランナーのサウンドトラックを聞いてみたのですが、
デジタルリマスター版だったせいもあってかこれには感動しました。
ただその後冨田勲の音楽家としての創造性の不足を感じてしまい氏のグレードが以前より相当下がったような気がしたのは否めません。
富田なら世界に出しても評価されるのではと新日本紀行のタイトルを聞いただけで思い込んでいた私のイメージは大きく裏切られ
ギリシャ人なのに何故?と思っていたバンゲリスの偉大さが際立ってしまう結果に世界との差を痛感させられてしまった印象です。